プロミスのイメージは昔と違って大幅に向上したといえる

メニュー

サブメニュー

金利を抑えたい方は

返済はカードローンもクレジットカードも、お金を借りる契約で大きな負担となる部分です。借りたお金自体の返済だけで負担が大きいものですが、それに加えて利息の支払いもあるため、毎月の返済金額が思っていた以上に大きくなるといった場合もあります。

 

とはいえ、どこで借りるにもどの程度の借り入れでどれほどの返済になるかは事前に分かるので、毎月の返済が想定よりも大きくなるというのは、借りる前の返済計画がしっかりと立てられていない証拠といえます。

 

そうならないためにもカードローンなら借り入れ残高に応じた毎月の返済金額をしっかりと確認するようにし、収入や支出から考えた無理のない範囲での返済を行えるようにしましょう。

 

それでも今現在の返済が苦しい、借りてしまったものは仕方ないと分かっていても金利負担が大きいと感じているなら、低金利の返済負担が軽いカードローンやフリーローンへの借り換えを考えてみるのも良いです。

 

借り換えとして利用ができるカードローンの中でも、来店不要でWeb上での申し込みが行える銀行の借り入れが人気となっているので、低金利で低負担の借り換え先を探しているのであれば、銀行カードローンで借りることを考えると良いです。

 

銀行の中には口座開設が不要で手続きが行えるカードローンもあるため、しっかりと選べば余計な手続きを省いた契約を可能とします。それでいて限度額によって金利が下がる契約内容となるので、毎月の返済に余裕が持てるようになります。

 

スピードや手軽さでは消費者金融が優れているのが事実ですが、返済の負担を第一に考えて借りるのであれば、銀行のカードローンは大きなメリットのある注目の借り入れ先といえるでしょう。